シェアサロンとは

目次

シェアサロンとは?

会社や店に所属せずフリーランスとして自分でビジネスをする美容師やネイリストなどにとって、開業に伴う初期費用は頭の痛い問題です。フリーランスに限らず雇われて働いている人であっても、副業として個人でサービスを提供しようとする場合、施術の場所や設備への投資というハードルのせいで一歩を踏み出せない人もいるのではないでしょうか。そんな悩みに応える存在として注目されているのが、シェアサロンです。

シェアサロンは、主にヘアカット、ネイルアート、エステ、マッサージなどの美容ビジネスのために施術ができる個室やスペースを有料で提供するレンタルサービスです。シェアサロンでは、場所だけでなく施術に使うベッドや道具などもレンタルできるので、シェアサロンを予約しておけば、必要最低限の道具を持って行くだけでお客様を迎えてサービスを提供することができます。

シェアサロンはどんな人が使いやすい?

シェアサロンという形態を活用しやすい美容ビジネスとして、以下のような職種が代表的です。

  • エステティシャン
  • マッサージセラピスト
  • ネイリスト
  • 整体師
  • アイリスト(※)
  • 美容師(※)

※保健所に美容所登録の届出が済んでいる場所でのみ施術可。

さらに、自分でビジネスを始めるにあたり以下のような状況にいる人にとって、シェアサロンは理想的なスペースといえます。

  • いずれは自分の店舗を持ちたいが、開業資金が貯まる前にビジネスを始めたい人
  • 固定客が増えるまでは低コストでビジネスをしたい人
  • 副業として空き時間だけ不定期で仕事がしたい人
  • 期間限定でビジネスをやりたい人
  • 一カ所に限定せず複数のエリアでサービスを提供したい人

「シェアサロン」には4種類の形態がある

シェアサロンには以下の4つのタイプがあり、それぞれ形態や設備、雰囲気などが異なります。

1. レンタルサロン
美容サービスを提供する人のために用意された、施術専用のスペースを提供するシェアサロン。個人が借りられる個室を複数持っており、シェアサロンを利用したい人は時間単位、または月極めなどでレンタルできます。施術用のベッドや道具がそろっています。

2. ワンルームマンションタイプのレンタルサロン
住居用のワンルームマンションに、自宅サロンのような設備を整え貸し出しているタイプのシェアサロン。施術ベッドや道具の他に、照明やインテリアなどで寛ぎの空間を演出しているところもあり、広さの点でもゆったりとしているのが利点です。

3. レンタルスペース
多目的のスペースを貸し出すサービス。施術用ベッドやタオル蒸し器があるレンタルスペースもあり、美容関係ビジネスのシェアサロンとして使うことができますが、レンタルサロンに比べると設備面、雰囲気ともに美容専用というわけではないため、何を持ち込む必要があるかなど事前にしっかり確認しましょう。レンタルスペースは、美容ビジネス以外にカルチャースクールやフィットネスなどのビジネスにも利用可能なものが多いです。

4. 専業サロンの空きスペースのレンタル
美容院やネイルサロンなどの看板を掲げて営業する店舗が、店内の空きスペースの一部を個人の美容師やネイリストに貸し出しているケースで、「面貸し」や「ミラーレンタル」とも呼ばれます。何よりのメリットは設備の充実と雰囲気でしょう。自分のビジネスのカラーと一致しているサロンの一角を借りることができれば、お客様にも良い印象を与えられそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる